自動車部品事業について

車の視界を石﨑本店がつくる

自動車用ウィンドウガラスの加工と、ドアミラーの製造が自動車部品事業の二本柱です。
ウィンドウガラスとドアミラーを通じ、私たちが支えているのは、車に乗った時の前後左右360°の視界。
100年の歴史を築いてきた私たちだからこそできる技術で、
お客様のニーズの先を読み、安心・安全で快適なドライビングの未来を拓いていきます。

ドアミラーの開発・製造と
自動車用ガラスの加工

広島が誇る自動車メーカー・マツダ㈱をはじめ、各自動車メーカーに開発・製造したドアミラーを供給しています。ドアミラーは、コンパクトなボディの中に、さまざまな高機能が詰め込まれています。それらが視認性や作動性、耐熱性など、多くの要求を満たさなければなりません。私たちは、求められるニーズを満たすために、幅広い知識を駆使し、調査・解析・評価・設計・生産のプロセスを経て、高品質のドアミラーを完成させています。自動車用ウィンドウガラスについては、既成の自動車用ガラスに当社の技術を活かして加工するアッセンブリーを行っています。これらの製品は、国内向けの自動車だけでなく輸出車にも使用され、一般仕様から高付加価値仕様まで、幅広く対応しています。

時代を見据えて
グローバルに展開

自動車産業をはじめ、あらゆる分野でグローバル化が進む中、私たちも海外展開を加速させています。1986年のアメリカ進出を皮切りに、2009年にインド、2011年にタイ、2012年に中国、2014年にインドネシア、2016年にメキシコへと事業を拡大し、競争力を強化しています。海外においても、社是の「和誠」を重んじ、事業を展開。それぞれの国によって異なる文化や習慣、価値観を尊重し、ニーズにフレキシブルに対応しながら、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

業務内容

先行開発 / 研究開発 / 生産準備 / 生産技術 / 品質保証 / 営業 / 購買 / 管理 / 製造
NEXT CONTENTS
製品情報 製造工程・技術紹介 石﨑ブランド 将来ビジョン