トピックス

VOL.36 NO.1 '19/春 <年度方針>

2019年 会社方針  生き残りをかけ、徹底した品質の向上に取り組もう

                       代表取締役社長 石﨑信三

                     

【2018年度の振り返り】

 第10次中期経営計画の最終年度である2018年度を振り返ると、自動車部品事業では、新世代ミラーの開発、ターンランプ、ガラスAssy部品などの商品群の拡大、モノづくりの拠点としての新ミラー工場の立上げ、メキシコをはじめとする海外拠点の拡大、品質改善活動の徹底などに取り組みました。

 建材事業では、ガラス中心の商品から窓を中心とした商品への拡大、サッシメーカーとの連携模索、住宅部門の業務改善、複層ガラス製造の施工ストレートシステム構築を推進しました。

 経営管理部門では、働き方改革の推進、社内保育園や社宅の設置など福利厚生の充実、基幹情報システムの再構築、新人事制度の構築、次世代リーダーの育成着手、CIの推進など、経営基盤の構築に取り組みました。

 皆さんの努力が着実に成果として実を結び、会社の発展に寄与していることを実感しています。しかしながら、依然として「品質に関する問題」は解決することなく、課題として残されています。

【今後の経営課題と方針】

 第10次中計を推進してきたこの3年間で改めて認識させられたことは、「お客様品質」の重要性です。私たちが事業を行い社会に貢献できるのは、お客様からの信頼があって初めて実現できるのです。しかし、お客様が要求する品質を実現できなければ、その信頼は瞬く間に崩壊し、私たちは仕事を失ってしまいます。その最も重要な「品質」が確保できない事態が次々と起きているのが今の実態です。商品・サービスの質を何よりも最優先し、受注から生産・納品・その後の保証までの業務全体とそれを生み出す人材の質を高める、その実現のために全精力を注ぎこむ覚悟をもって取り組むことが必要です。私たちが変わらなければ待っているのは終焉です。

 経営理念の第一に掲げている通り、品質は全てに優先する(クオリティファースト)を柱として、今年度からスタートする第11次中期経営計画への取り組みを推進します。

 2つめは、社会的責任の全うです。私たちは、事業を通じて社会に貢献することを経営理念の2番目に掲げています。社会に貢献するとは、商品・サービスを提供し社会の役に立つという側面だけでなく、事業を通じて環境を守る、地域に貢献する、コンプライアンスを徹底することで社会の秩序を守る、という社会的責任を果たすことも含まれます。私たちが社会の一員として、その役割と責任を全うすることが、真に社会から必要とされる会社となり、社会に貢献していると言えるのだと確信しています。今一度、企業の社会的責任の観点から全ての企業活動のあり方を見直し、その役割と責任を果たす必要があります。

 3つめは、人に対する取り組みです。「企業は人なり」と言いますが、会社を構成しているのはまぎれもなく「人」です。「人財」として、それぞれの能力と個性を十分に活かし、力をしっかり発揮してもらうことが、経営の大きな課題です。そのためには、問題点を明確にし、その解決を図るとともに、適正な評価と処遇を実現する、皆さんが働きやすい環境を整備する、様々な働き方に対応した勤務形態をつくる、仕事と私生活を両立し豊かな人生を送っていただくために配慮する、積極的な人材育成など、人材の総活躍を目指し働きがいのある会社をつくり上げる取り組みを行います。

【2019年度 会社方針】

前述した方針に基づき、2019年度の会社方針を次の通り定めます。

2019年度 会社方針

QCB活動 2021 ( Quality,CSR,Best Workplace Activity )

お客様の信頼、社会の信頼を実現するために

1. クオリティーファーストを信念とし、トップクラスの品質、業務、人材を実現しよう

2.環境保全、地域貢献、コンプライアンスを徹底し、魅力ある会社を実現しよう

3. 働きやすく働きがいのある職場をつくり、人材の総活躍を実現しよう。

 2019年度は、創業101年目となる新たなスタートの年です。第11次中期経営計画では、これまでの量的拡大から質的向上に向け根本から考え方を変え、生き残りをかけて、徹底した品質の改善と仕組みづくりを目指してまいります。社員全員が笑顔で3年後を迎えられるよう、皆で力を合わせ取り組んでまいりましょう。

NEXT CONTENTS
建材事業 自動車部品事業 石﨑ブランド 将来ビジョン